よりよい社会を実現する
満足することなく更なるbetterを追求する

NEWS

三者割当増資(エクイティファイナンス)及びデットファイナンスによる総額約1億円の資金調達のお知らせ

「テクノロジー×専門家のノウハウ」によって、全ての相続問題の解決を掲げる株式会社better(読み:ベター、本社:東京都中央区、代表取締役:安東容杜)は、ニッセイ・キャピタル、AG キャピタル等を引受先とする第三者割当増資(エクイティファイナンス)及びデットファイナンスにより、総額約1億円の資金調達を完了しました。

【資金調達の目的と今後の目標について】
 当社では「全ての相続問題を解決すること」を目的とし、まだまだアナログ作業が多分に残る「相続に関わる各種作業」のDX化を推し進めております。提供中のWebサービスとして、一般層が相続税申告にかかるコストを大幅削減できる「better相続税申告」、義務化が予定される相続不動産の名義変更を行える「better相続登記」があります。両サービスとも、専門家のノウハウとテクノロジー導入による効率化を実施し、ユーザーにかかる費用や手間の大幅削減を実現しています。

 今回調達した資金はさらなる課題を解決するプロダクト開発、マーケティングチャネルの拡大、営業やエンジニアを中心とした採用強化、より柔軟なカスタマーサポート体制構築へ投資していくことを目的としております。

■ 代表取締役(公認会計士・税理士) 安東容杜コメント
まずは今回出資頂きました投資家の皆様含め、ご支援頂いた多くの方々に厚く御礼申し上げます。
あらゆる情報にアクセス可能な現代社会。人が持つ選択肢は無限に増えました。それは、ライフイベントに関わる重大な選択肢も例外ではありません。決断を間違えたくない。そんな時、人は「専門知識」を求めます。
しかし依然として、一般の方にとっては、ありふれているはずの「専門知識」を活用するためのハードルは高いままです。つまりは、今の現代社会に求められるのは、「専門知識」から決断を導く役割なのではないでしょうか。
私たちbetterは、2020年の「better相続」リリースより、数多くの相続人の方々にご利用頂き、非常に高い満足の声をいただいておりますが、これに満足することなく、現代社会に必要な「より良い決断を導く」パートナーを目指します。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000045850.html