税理士法人完全監修

相続税申告は必要?
自分で?税理士に依頼?
「損しない相続税申告」
2ステップ診断

財産の内容や額と入力すると、
相続税額を計算・シミュレーションでき、
相続税申告の要否を判定することができます。
自分で申告可能か、税理士に依頼すべきか、
あなたに合った「損しない申告方法」を
診断できます。

イラスト イラスト

自分で申告可能か、
税理士に依頼すべきかは、
財産の内容や額によって 異なります

相続税申告を自分で行えば、
税理士報酬
(平均相場50〜150万円)が節約可能です。
一方、相続財産の内容が複雑で、金額が
大きい場合は、
節税だけでなく税務調査の
リスクもあるため
お金をかけてでも税理士に
依頼をすることをおすすめします。

相続財産の金額を入力し、
簡単な質問に答えるだけで、

相続税額を計算・シミュレーション
できます。また、計算結果を基に、

あなたに合った
「損しない申告方法」が診断できます。

イラスト イラスト

診断の流れ
相続税申告は必要?
自分で申告?税理士に依頼?

つのステップで 自分で申告可能か、 税理士に依頼すべきか、 「どのような方法が最も損をしないか」を診断します。

1.相続人と相続財産の概算金額を入力します。

2.簡単なアンケート形式で相続の内容を入力します。

診断の流れ 診断の流れ

税理士は必要?相続税申告は自分でできるか?

相続税申告を自分でできるサービス「better相続」

【体験談】「自分でやるか、税理士に任せるかーー意見が分かれた申告方法とその結末とは?」白河さん

税理士サポートを受けながら自分で申告する
「better相続」というサービスは、Web上で相続税申告書が作成でき、税理士に相談し放題のサービスです。基本的には自分で手続きを行うため税理士報酬が抑えられ、不明点は税理士に相談することができるため、安心して自分で申告を行うことが可能です。また、「better相続」は相続税専門の税理士が監修しており、安心して利用できます。業界最大手の辻・本郷税理士法人と提携しており、「やっぱり自分で申告は難しそうだ」と判断しても、最大手の相続税専門税理士法人に依頼することが可能です。

相続税申告を自分でやってみた体験談

自分で相続手続きを行うための情報メディア〜相続体験談〜

自分で相続税申告する方が増えている
これまで、相続税申告は税理士に依頼することが当たり前でした。しかし、2015年の税制改正で、相続税の基礎控除額が大幅に引き下げられ、それほど財産が多くない方も相続税申告が必要となりました。一方で、相続税の申告を行うためには、専門知識が必要で、なかなかハードルが高いです。そんな中、「better相続」というサービスは、自分で申告しつつ、税理士のサポートを受けるという新たな選択肢を提供しています。

相続税申告を自分でやると税務調査が怖い?

税局OBに訊く!税務調査の裏側と、自分で申告をするときのポイントとは?

相続税専門税理士が監修
「better相続」は、相続税専門税理士法人betterが監修しており、業界最大手の辻・本郷税理士法人と提携した定額プランも存在します。
税理士に相談し放題
「better相続」では、基本的にはWeb上で自分で申告手続きを行ないますが、必要に応じて何度でも税理士に相談することができます。そのため、税理士に依頼する場合と遜色ない申告書を自分で作成することが可能です。

相続税申告を自分で行うメリット・デメリット

自分で相続税申告を行うメリット

相続税申告は自分でできる!メリット・デメリットを徹底解説

税理士報酬がかからない!
一般的に相続税の申告に対する税理士報酬は、遺産総額の0.5%〜1%で数十万円以上と高額ですが、自分で申告をすることでこの支払いをしなくて済みます。
自分のペースで進められる!
税理士に依頼した場合、対面での面談があり、時間のすり合わせや事務所への往復が必要になります。自分で申告をすると自分のペースで申告を進めることができます。

自分で相続税申告を行うデメリット

相続税申告は自分でできる!メリット・デメリットを徹底解説

知識が必要
正確な申告書の作成のため、また、節税のために相続の知識があったほうがスムーズです。しかし、「better相続」というサービスを利用すれば、Webの画面上で案内に従って相続税申告手続きを進めることができ、また、不安な点は何度でも税理士に相談することが可能です。
余計な税金を支払うことになるかも
もしミスがあったら、延滞税など余計に税金がかかってしまうこともあります。しかし、「better相続」というサービスでは、自分で作成した申告書を最後に税理士がチェックしてくれます。そのため、安心して申告を行なうことが可能です。

自分で相続税申告するのに向いている人・向いていない人

自分で相続税申告するのに向いている人

相続税申告は自分でできる!メリット・デメリットを徹底解説

相続人が1人だけ
遺産分割での争いが起きる心配がなく、自分のペースで申告をすることができます。
相続人が複数いるが遺産分割で揉めることがない
相続人同士で、誰がどの財産をいくらもらうかというように遺産分割の内容が明確であると、申告後に揉めるといったことがありません。
相続財産が複雑でない
相続財産の多くが現預金や評価の容易な土地などの場合、申告書の作成はさほど手間がかかりません。
特例を使うことにより相続税が0円になる
「税額が0円」の申告書に税務調査が入る可能性はグッと低くなります。(正確に作成されたものという前提があります。)

自分で相続税申告するのに向いていない人

相続税申告は自分でできる!メリット・デメリットを徹底解説

遺産分割で揉めている
相続そのもので争いが起きそうな時には、当人だけでは解決できないこともあります。その場合、専門家など第三者に申告を依頼した方が円滑に進むでしょう。
相続財産が複雑である
非上場株式や海外不動産など、相続財産が複雑である場合、評価額の算定が難しいので自分での申告は困難になります。そのため、税理士に依頼することを検討しましょう。

相続税申告を税理士に依頼する場合

税理士の費用(報酬)の相場

遺産総額の0.5%から1.0%が相場
相続税申告を税理士に依頼する場合、税理士に支払う報酬額の相場は、相続する遺産総額の0.5%〜1.0%が相場となります。そのため、相続税申告が必要な場合、一般的には50万円〜150万円の税理士報酬が発生します。

税理士に依頼するメリット

相続税申告に関する知識が不要
当然ですが、税理士に依頼すれば、申告に関する手続きはすべて税理士主導で進めてもらうことができます。資料等はご自身で集める必要がありますが、資料を渡せばあとは税理士の方で申告まで対応してもらうことができますので、知識は不要です。
申告誤りや申告漏れを防止することができる
税理士は専門家ですので、誤りの無い相続税申告書を作成することができ、また判断が難しい財産の申告漏れ等を防ぐことができます。また、万が一税務調査が入ったとしても、税理士が窓口になるため安心です。

税理士に依頼するデメリット

税理士報酬が発生する
税理士に依頼すると、遺産総額の0.5%から1.0%の報酬が必要になります。そのため、一般的な相続だと50万円〜150万円もの高額な報酬が発生します。
全ての税理士が相続税に詳しい訳ではない
税理士にも得意不得意があり、特に相続税は特殊な税目なので、あまり経験の無い税理士がいます。そのため、できるだけ相続専門の税理士に依頼するようにしましょう。

税理士の選び方のポイント

相続税専門の税理士か
税理士にも得意不得意があり、特に相続税は特殊な税目なので、あまり経験の無い税理士がいます。そのため、できるだけ相続専門の税理士に依頼するようにしましょう。
税理士事務所の無資格の補助者が担当する場合が多い
税理士に依頼する場合でも、税理士事務所に所属する無資格の担当者が窓口になり、税理士が対応してくれない場合があります。そのため、依頼する際には、税理士が最後まで担当してくれるのか注意が必要です。

税理士に相談する

まずは診断を行う
前述したように、自分で申告可能な場合と、税理士に依頼した方が良い場合があります。このサイトでは、財産の金額や内容に応じて、自分で申告可能か、税理士に依頼した方が良いか診断を行うことができます。
診断結果を見ても分からない場合
このサイトは、相続税専門税理士法人betterが監修しており、また、業界最大手の辻・本郷税理士法人とも提携しています。診断結果を見ても自分で申告可能か税理士に依頼した方が良いかわからない場合は、まずは無料でご相談可能です。お気軽にご相談下さい。

2ステップ診断

財産の「金額」と「内容」を入力して、
診断結果を見てみましょう!

STEP1 税額の簡易計算

そもそも相続税が発生せず、申告が不要な場合があります。
まずは、税額を計算しましょう。

配偶者
人数
父母
人数
兄弟姉妹
人数

相続財産 (総額:0万円)

下記のフォームに入力して下さい。

1. 現金・預貯金
万円
2. 有価証券 (株、債権、投資信託、等)
万円
3. 死亡保険金
万円
4. 不動産(土地・建物)
万円
5. その他財産
万円
6. 債務
万円

相続人を最低1人入力し、財産を入力して下さい。

監修税理士法人

このサービスは相続を専門で手掛ける「税理士法人better」が監修しております。様々なメディアにて「相続税申告のおすすめ税理士法人」に選出されております。

免責事項・注意点

  • 当シミュレーションは簡易的な試算のため、結果が実際の税額と異なることがあります。
  • 当シミュレーションを利用されたことで生じた不利益や損害などには、弊社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 当シミュレーションでは、以下の内容を前提として金額を算定しております。
  • 令和3年10月1日以降の税制をもとに計算。
  • すべての相続財産(みなし相続財産を含む)を法定相続人が取得し、かつ相続放棄がない場合。
  • 死亡保険金は保険契約者、保険料負担者及び被保険者が被相続人、死亡保険金受取人が相続人である場合の保険契約。
  • 子はすべて実子の場合(養子については考慮しておりません。)