相続税申告ソフトを使えば〇〇万円の節約に!選び方からオススメ5選まで紹介!

相続税申告ソフトを使う3つのメリット

相続税申告ソフトを使う3つのメリット

相続税申告ソフトを使うメリットは次の3つです。

  • 税理士費用を抑えられる|50万円~150万円の節約に!
  • 手書きで作成するよりも間違いが起こりにくい
  • 自分のペースで進められる

税理士費用を抑えられる|数十万円の節約に!

相続税申告ソフトを使う一番のメリットは税理士費用を抑えられることです。

相続税の申告を税理士に依頼する場合の費用は、遺産総額の0.5%~1%が相場。

つまり、5千万円の遺産を相続するとなると「25万円~50万円」、1億円の場合だと「50万円~100万円」が税理士費用だけでかかってしまいます。

一方、申告ソフトを使うなら10万円以下で完結することが可能なため、結果として数十万円もの費用を抑えることができます。

自分1人でやるよりも間違いが起こりにくい

相続税の申告は1人で何も使わずできるほど簡単ではありません。

ソフト等を使わない場合、多くの書類に必要事項を記入していく必要があるため、記載ミスなどが起こりがちです。ミスがあった場合、延滞税などが余分にかかってしまうことも。

相続税申告ソフトなら簡略化された必要事項を記載していくだけで自動で書類を作成することができるため、ミスが起こりずらいというメリットがあります。

自分のペースで進められる

申告ソフトを使う意外なメリットは自分のペースで進められることです。

実は、税理士に申告を依頼した場合、何度も税理士と打ち合わせを行う必要があります。仕事で忙しい方や、時間の取れない方にとっては、それだけでもかなりの負担に。

被相続人の方が亡くなると様々な手続きを行う必要があり忙しくなりがちですが、申告ソフトなら、自分の時間のある時に進めることができるためおすすめです。

相続税申告ソフトの利用をおすすめできる3つの条件

相続税申告ソフトの利用をおすすめできる3つの条件

多くのメリットがある相続税申告ソフトですが、ソフトの利用をおすすめするケースは下記2つの要件を満たす場合です。

  • 遺産分割で揉めていない
  • 相続財産が複雑でない

遺産分割で揉めていない

相続人同士で相続割合が明確になっている場合や、相続人が1人しかいない場合などは問題なく申告ソフトを利用することができます。

相続財産が複雑でない

相続する財産が現金や生命保険などが中心で不動産も数件しかない場合など、相続財産が複雑でない場合は申告ソフトの利用に適しています。

このような場合は、わざわざ税理士に依頼するよりも相続税申告ソフトを用いることで手間も費用もカットすることができます。

相続税申告ソフトを検討する際の3つの注意点

相続税申告ソフトを検討する際の3つの注意点

相続税申告ソフトを利用する前に、以下の3つの点に注意する必要があります。

  • ソフトでは申告できないケースがある
  • 税理士に頼らないと相続税を多く取られることがある
  • 誤りがあると追徴課税を課されることになる

ソフトでは申告できないケースがある

相続申告ソフトの利用をおすすめするのは、相続するものが明確で、複雑でない場合に限ります。

以下のようなケースでは相続税申告ソフトの利用はおすすめしません。

申告ソフトを利用できないケース①:相続人同士でトラブルが発生している

申告期限までに相続人の話し合いで相続割合などがまとまらない場合など、トラブルが発生している場合はソフトを使うことができません。

このような場合、弁護士や税理士などの専門家と話を進めていくことをおすすめします。

申告ソフトを利用できないケース②:相続する財産が複雑である

「非上場株式」「海外不動産」などの価値の評価が複雑になってくる場合は、1人で申告することは極めて困難となるため、税理士への依頼をおすすめします。

税理士に頼らないと相続税を多く取られることがある

相続税を専門とする税理士事務所などは、節税に関する知識やノウハウが必要になるため、相続税を大幅に抑えられる可能性があります。

自分の知識だけで申告をすると、節税できるはずだったものを高額で納税してしまうというリスクがあります。

このようなリスクを避けるには、高額の報酬を払って税理士に依頼するか、税理士のサポートが付いてくる申告ソフトを用いる必要があります。

誤りがあると追徴課税を課されることになる

相続税の申告に誤りがあると、税務署の調査が入り追徴課税を課されてしまいます。

特に、相続税は所得税や法人税と比べて税務調査をされる可能性が高く、およそ10人に1人が受けています。税務調査を受けると約80%の確率で申告漏れが見つかっていることからも、申告のミスには特に気をつけなければなりません。

このような理由から、1人で申告する際は、税理士にサポートしてもらいながら手続きを行うことをおすすめします。

相続税申告ソフトを選ぶ際のポイント|税理のサポート付きがおすすめ!

相続税申告ソフトを用いれば、費用や手間を抑えることが可能になりますが、同時に注意すべき点も多くあります。

そこで、申告ソフトを用いる際は「税理士のサポート」が付いてくるものをおすすめします。

相続税の申告ソフトには多くの種類がありますが、税理士のサポートが付いてくるものは少ないため、税理士のサポートが付いてくるものを中心におすすめの申告ソフトを紹介していきます。

ツール名 料金(税込)
税理士サポート 節税サポート 申告書チェック
1位 better相続 79,200円 有り(無料) 有り(無料) 有り(無料)
2位 ひとりで申告できるもん 0円 有り(1時間1.1万円) 有り(1時間1.1万円) 無し
3位 Excelで相続税申告書 19,000円 有り(報酬は別途相談) 有り(報酬は別途相談) 有り(報酬は別途相談)

相続税申告ソフトのおすすめ3選!

【1位】better相続(79,200円):税理士のサポートが豊富で利用者急増中!

【1位】better相続(75,900円):税理士のサポートが豊富で利用者急増中!

おすすめポイント

・税理士に何回でも相談できるから1人では不安な人から人気
・相続税を抑えるアドバイスをもらえるのはbetterだけ

株式会社betterの運営する「better相続税申告」は、相続税専門の税理士から手厚いサポートを受けられる最もおすすめの申告ツールです。以下のような特徴があります。

料金 ダウンロード サポート
79,200円 不要 ・税理士へ相談し放題
・節税アドバイス有り
・申告書は税理士がチェック

better相続税申告の価格は79,200円と、他の申告ソフトに比べるとやや高いものの、
・税理士に相談し放題のため、申告でも安心できる
・相続税が安くなる節税のアドバイスを税理士に提案してもらえる
・申告書を税理士がチェックするので、申告漏れも起こりにくい
などbetter相続税申告にしかないサポートが豊富です。

さらに、万が一申告できなかった場合は79,200円全額が手元に返ってくるなどの保証も。また、国税局OBもbetter相続を評価していることからも安心して利用することができます。

「better相続税申告」はこんな人におすすめ

・相続税に関する知識が少なく、税理士と相談しながら進めたい方
・ただ申告をするだけでなく、節税もしたい方

【2位】ひとりで申告できるもん(無料):無料で始めるならおすすめ

【2位】ひとりで申告できるもん(無料):無料で始めるならおすすめ

おすすめポイント

・サポートがない分無料で利用できるので、知識を持った人にはおすすめ
・有料で専門家へ相談も可能

岡野雄志税理士事務所が運営している「ひとりで申告できるもん」は無料で利用できる相続税申告ツールです。主に、以下のような特徴があります。

料金 ダウンロード サポート
無料 不要 1時間11,000円で専門家へ相談可能

申告書の作成・印刷までは無料で行うことが可能です。さらに、相続税の申告に関する相談を1.1万円(1時間)で行うことができるので、1人での申告に不安がある方にも利用しやすいツールとなっています。

1位で紹介したbetter相続との大きな違いは、「申告書のチェックがないこと」「税務相談は都度報酬が発生する(定額でない)」の2点です。

相続税の額が少なく、申告漏れの不安もない方にとっては必要最小限のサービスが整っているといえます。

「ひとりで申告できるもん」はこんな人におすすめ

・分からないことがあれば専門家へ相談したい方
・節税のアドバイス、申告書のチェックは不要な方

【3位】EXcelで相続税申告書(19,000円):2回まで質問可能

【3位】EXcelで相続税申告書(19,000円):2回まで質問可能

おすすめポイント

・2回までなら相談無料(使用方法の質問に限る)

「Excelで相続税申告書」は今村圭一税理士事務所が提供するサービスです。主に以下のような特徴があります。

料金 ダウンロード サポート
19,000円 Excelが必要 使用方法の質問は2回まで無料
それ以外の税務相談は別途相談

Excelで相続税申告書の料金は19,000円と、better相続に比べると安く利用することが可能です。サービスの使用方法に関して分からないことがあれば、2回まで無料で相談することもできます。

Excelを普段から利用されている場合などは利用を検討しても良いでしょう。

「Excelで相続税申告書」はこんな人におすすめ

・相続税申告について知識を持っている方
・Excelの利用に慣れている方
・税理士法人での利用を検討されている方

 

相続税の申告ソフト まとめ

今回は相続税の申告ソフトについて解説しました。

■相続税申告ソフトのメリット
・税理士費用を抑えられる
・間違いが起こりにくい
・自分のペースで進められる

■相続税申告ソフトを利用する際の注意点
・ソフトでは申告できないケースがある
・税理士に頼らないと相続税を多く取られることがある
・誤りがあると追徴課税を課されることになる

■相続税申告ソフトのおすすめ

ツール名 料金 税理士サポート 節税サポート 申告書チェック
1位 better相続 79,200円 有り(無料) 有り(無料) 有り(無料)
2位 ひとりで申告できるもん 0円 有り(1時間1.1万円) 有り(1時間1.1万円) 無し
3位 Excelで相続税申告書 19,000円 有り(報酬は別途相談) 有り(報酬は別途相談) 有り(報酬は別途相談)

 

better相続バナー

関連記事