【体験談】「人任せにしないことで、亡母の歴史と向き合えた」増田さん

相続税申告を自分で行うメリットは、「お金がかからない」だけではありません。自分自身で、亡くなった方の財産を洗い出す過程で、大切な方の歴史に向き合うことができるのです。

今回お話をお伺いした方は、相続税はかからなかったものの「相続税書を作る」作業を通して亡母との歴史をとてもよく知ることができたという増田さんです。

better相続バナー

■ お話を聞いた方
増田さん(女性・50代後半・パート) / 子 / 遺産総額5000万円以下 / 遺言書なし / 子2名が相続 / 奈良県
【財産項目】現金、預貯金、土地(自宅マンション、山林)、建物(自宅マンション)、上場株式、MRF等
【債務項目】なし

【死亡保険金】なし

【死亡退職金】なし
【生前贈与】なし
【相次相続】なし
【開始のタイミング】相続発生から3ヶ月後
【かかった期間】約2ヶ月

 

1. 一度は専門家に依頼することを検討。その後、自分で申告書作成することに。


――相続についてはどれくらいの知識をお持ちでしたか?

ほとんどというか、全くありませんでした。義理の兄のところで相続が発生したことがあり、その時は司法書士さんに頼んでいました。相続税に司法書士さんへの報酬を含めると、高くついて大変だなと思っていました。

――相続については大変だということは知っていたけれども、具体的にどんなことをやって…という知識はお持ちではなかったということでしょうか。

はい。そうです。

――そのような状況の中で、自分で申告をするのではなく、税理士や司法書士への依頼をご検討されましたか?

姉と一緒に相続の手続きをすることを考えていたのですが、家などもありましたので検討しました。知り合いに司法書士さんがいたので、その人にお願いしては?という話になりました。義理の兄のところもまずは司法書士さん、そのあと税理士さんだったと思います。

―― ご相談されたときに、どのようなご感想をお持ちだったでしょうか?

今回は、山林の相続があったので、まずはその相談を電話でしてみました。田舎のほうで私たちも見たことがないものだったので、わざわざそこまで行かないといけないのかが不安で……。でも、特にそういうことはなく、「誰でもどこの場所でもできますよ」ということを教えてもらいました。

それなら、ということでお願いしようと思ったのですが、司法書士さんにお願いできることって、あくまで「申請の代行」だけということをお伺いして。「ここの山があなたので、隣が…」とかそんなことを調べてはもらえないんですね。ただ文書の書面を作るだけなんだなと思い、それなら司法書士さんに頼むのはやめようということになりました。

―― 肝心のところがお願いできなかったんですね。

そうなんです。書面を作るだけだったら、インターネットにかなりの情報がのっていますしね。それに、前にマンションの名義変更を自分でやったという経験もありましたので、相続登記も自分でできないかなと思いました。それで、やってみると意外と簡単で、うまくいったんです。

相続登記ができたら、相続税の関係書類が手元に集まったんですよね。そこで相続税も自分で申告してみよう!と思いました。

 

2.  相続登記は自分で、それなら相続税申告もできる?

―― 相続登記の書類は、そのまま相続税申告に使えますもんね。ご自分で取り組まれてみていかがでしたか?

税金は難しいことやハードルが高いということを聞いていましたが、進めていくと、やっぱり自分たちだけでは難しい点がいくつかありました。かといって、相続税が発生するかどうかも微妙でしたので、税理士さんにお願いするのもどうなのか、という感じで……。

それで、確定申告のように相続税を申告できるものがないかなと思い、インターネットで探したところ、自分で申告をするサポートを受けられる「better相続」というサービスがありましたので、これを利用しすることにしました。

――当初から税理士に申告そのものを依頼しようとは思いませんでしたか?

もともと初期の頃にはありました。しかし、先ほどもお話したように、今回の私の案件はそんなにたくさんの相続を受けてないので、もしかしたら税金0円になるかもと思っていました。そこで税理士に頼んだらもったいないかなと。大きく金額が違いますからね。

あと、姉と私の分割協議がきっちりとできていたので、後のトラブルも起きないと思っていました。ですので、税理士に申告を頼まなくても、ただ申告をするだけなら良心的な金額のほうがいいですから。

―― サービスを使って、自分で申告をするのにどれくらいのお時間がかかりましたか? 

実は、時間的にそんなにかからなかったのです。何より相続登記を先にやっていたので、ほとんどの資料が手元に集まっていました。なので、他に必要なものは貯金通帳の残高依頼くらいだったので、自分で申告をすることに決めてからは、週に2日、3日程度スキマ時間でできました。

あと、ちょうどコロナ禍の影響で自宅での仕事になっていたこともあり、そのまま自宅で相続税申告をの作業に集中することができたのも大きかったですね。

 

3. 自分でやることで、母の歴史と向き合えた

――今回、相続登記という関門を最初に越えていたということなのですが、それも含めて一番大変だったところ、その解決方法をお聞かせください。

土地の評価額の計算の仕方が分かりませんでした。難しかったです。その評価の部分だけは専門家に依頼することで解決しました。

私が使ったbetter相続ではシステム上で財産内容を入力していく形式だったのですが、入力方式が簡単だったのと、各財産の説明が隣にあったので簡単にできました。役所が出している申告書は表記がいろいろと複雑なので、こうした素人にもわかりやすいサービスを使えたのはありがたかったですね。

――自分でやってみて良かったところはどんなところですか?

すべてをお願いし自分で申告をやらなかったら、資料など細かいことを見なかったでしょう。母は、山の登記に関することを、ここで誰と話してとか紙に書いて残してくれていたんですね。

普通なら分からないからと全部税理士さんとかに預けてしまうような書類をいちいち一枚ずつ見たので、母との歴史がとてもよく分かったんです。そこに、母がたしかに生きていたという証を感じたんですね。母とのお別れとして、私的には満足した登記・相続になったなと思っています。

 

4.  「自分で申告」をして良かったところ

――どんな人に「自分で申告」をおすすめしますか?

インターネットを普段からある程度利用している方ですね。あと、特に私のように税金が必要になるかならないか分からないような方です。私の場合は結果的に税金がいらないことになったけれど、でも、ちゃんとしたことは知っておこうと思われる方にはとてもお薦めだと思います。

私は、結局は相続税が発生しなかったのです。自分で申告の準備を進める中で、申告が不要だと気付きました。でも、最後に出てくるPDFの申告書の資料を印刷して、何かあった場合には、この資料を出してもらえればいいよと、姉に渡しました。姉も満足してくれました。

もし、申告される場合は、すべて自分ひとりでやるのは大変なので、better相続のようなサービスを利用するとお安く済んで良いと思います。

 

5. 「自分で申告」のサポートサービスとして活用したbetter相続について

――better相続をどのようにしてお知りになりましたか?

所得税の確定申告もウェブから申告しているので、相続税もそういうものがないかとインターネットで調べていてbetter相続さんを知りました。

――他にも「自分で申告」のサービスはありますが、better相続のどんなところに魅力を感じて登録されましたか?

たぶん、税理士の集団みたいなことを書かれていた気がするんですけれど、まずそこに魅かれまして。何より私は口コミだったんです。口コミの中で「一度やってみようと思ったけど、他のソフトではダメだった」「自分でやってみようとしてbetter相続さんの税理士さんがよかった」ということが書かれていたのですが、その口コミを見て決めました。

――better相続を利用してよかったところはどんなところでしょうか?

税理士さんのかたがとても親切丁寧に教えてくださりました。それから、レスポンスが早かったです。こちらの質問をすぐにご理解頂いて、当日または翌日にはちゃんとした答えを返してくれるところがよかったです。こちらのストレスなしに進めることができました。

あとは、入力方式が簡単に書かれていたのと、説明が隣にあったので、素人でもそれを見ながら進めることができたというところが大きかったです。

私のような方って多いと思うんですよね。相続税が必要か必要でないかが分からないのに、税理士に頼むのも頼みにくいなというところもあって、自分でやってみようと思った方です。そういう方にとっては大変ありがたいサービスかと思います。

better相続バナー

 

関連記事